スポンサードリンク

2016年04月03日

審美歯科 セラミック歯 デメリット

審美歯科でオールセラミックの歯、セラミックの歯というものがあります。

本物の歯を見分けのつかない自然な治療を実現する事ができるのがオールセラミックの歯です。

又、芸能人、タレントなどの方が短期間で前歯の歯並びをキレイにしたりするのもオールセラミックの歯を用いた審美歯科の治療です。



では、オールセラミックの歯にするデメリットはあるのでしょうか?


もちろんのこと、健康な天然歯をオールセラミックの歯にするという事であればデメリットはありますよ。デメリットとしては、天然歯を削って、その上にオールセラミックの歯の被せ物をするのがオールセラミックの歯の治療ですから、歯を削るという事がデメリットであると言えます。


ただ、前歯を何かしたら治療をしているとか、既に銀歯にしているとか、それを交換するという際にオールセラミックの歯にしたからと言ってデメリットはありません。

肉体的、身体的なデメリットという意味ですよ。

オールセラミックの歯は銀歯に比べれば強度が少ないので割れるという事などがあります。でも、歯科金属が口の中に入っているというリスクに比べたら、オールセラミックに変更をする事でのデメリットは無いに等しいです。


歯科金属の弊害は色々と言われていますからね。金属の溶け出しによって、歯茎が黒くなるという現象の歯科金属を使用している治療を受けた人の特有の悩みとなりますね。

そして、前歯に保険のプラスチックの歯を入れている方でも歯茎の黒ずみがあったり、プラスチックの歯の変色によって悩みがあったりするという事は全く珍しくありません。

それを解消してくれるのがオールセラミックの歯なのです。

金属アレルギーの心配もなく、さらに本物の歯を見分けのつかにオールセラミックの歯にする事は、既に何かしたら治療をしてる歯の箇所に利用する際にはデメリットはありません。

既に歯を削ってある方、歯科金属による歯茎の黒ずみが気になっている方などは、オールセラミックの歯にする際のデメリットはなく、よもや、以前の治療で被っているデメリットが解消する方が大きいという事が言えます。

だから、もしあなたが何かしら治療後の歯をオールセラミックの歯にしたいという場合には特段デメリットはありませんから、オールセラミックの歯にする事を検討をした方がより良いかと思いますよ。


>>オールセラミックの歯で人気の審美歯科治療を提供をしている審美歯科サービスの公式サイトは→こちら


posted by 名古屋でセラミックの歯が安い審美歯科 at 17:42| 審美歯科 セラミックデメリット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする